「都市の環境保全、都市交通の利便性の向上、福祉のまちづくりに関する普及啓発事業」として、シンポジウム『カーフリーデー進歩ジウム ~人と環境に優しい公共交通~』を3月26日、下記の方をお招きし、県民センターにて開催しました。

  • 基調講演「今 フランスの公共交通が活性化~街は生き生き!」
    講師:神奈川交運労協 青木 正之 氏
  • パネルディスカッション「フランスに学んで、日本はどうすべきか?」
    パネリスト:
    青木正之氏(神奈川交運労協)
    望月真一氏(カーフリーデージャパン代表)
    佐藤正治氏(横浜市都市整備局 都市交通部長)
    大内えりか(横浜カーフリーデー実行委員会理事長)

当日は41名(会員外:32名、会員:9名)の方にご参加いただき、最後まで質疑が途切れることはなく、盛況に無事終えることができました。

参加者26名の方々から、貴重なご意見をいただきました。アンケートを拝見しますと、交通政策への関心の高さ、「カーフリーデー」というイベントへの理解が深まりつつあるように思います。
最後に、アンケート用紙(アンケート20160326)と結果(アンケート結果20160326)を添付しますので、ご参考にして下さい。